FC2ブログ

enigmaticCAMELLIA 天音の日々

それも美しいと謳ってよ
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

こんばんは。

先日唐突に「飲みたい」といってみたところ、
数奇な数名からお誘い等を頂戴しました。ありがとうございます。

私はお酒は、のめるときとのめないときとがある。
基本的に仕事のときは飲めない。飲んでも一口のビールで酔いが回る。
ふらふらする。ねむくなる。


ところがどっこい。

バカ水溶液の後藤さんと飲むと、酔いが非常に心地良く流れて漂っている。
足元がふらふらするなーと自覚するくらい飲んだのは、後藤さんとがはじめてである。

だから、
私が飲んでいる姿を見るような、そんな不幸な出来事に遭遇してしまった場合
飲んでいても飲んでいなくても、猫をかぶっているわけではない。
無理に飲ませる必要もない。
飲んでも飲まなくてもそんなに大差ないです。(たぶん)

さて、
その違いはどこからくるのか、と考えた。

最近「酔っぱらったなー」と感じるときは、常に横に後藤さんがおはしました。

後藤さんは、飲酒すると「酔う」。小気味よい位に「酔う」。
そして大半おぼえていないらしい。

ここがポイントなのだと思う。

小気味良く酔っている人の前ではリミッターが外れるということだ。


私の理性のブレーキは非常に大掛かりなので、なかなかリミッターが外れないのだけど
リミッターを外すと結構たのしい。

まだお会いしたばかりのころ、後藤さんに「あまねさんは!ぶっ飛べるヒトだと思ってます!一緒にスパークしましょう!」と言っていただいたことがありまして。
そのときは、リミッター外すことを知りませんでしたので
「なんじゃらほい・・・」と思っていました。要は聞き流していたんですね。
「そんなことないですよ・・」と思いながら。


しかし、ですね、やはり酒の道は酒。
そのとおりだったかもしれません。


ずっと虚像を一生懸命こさえて生きてきましたが、
外しても結構生きていけるし、ふつうに接してくださる人がいる。
ほんとにありがたいことです。


Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。