FC2ブログ

enigmaticCAMELLIA 天音の日々

それも美しいと謳ってよ
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ あるせーぬTOP日常雑記 ≫ あるせーぬ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あるせーぬ

こんにちは。

私の大好きな怪盗ルパンが、アルセーヌ=ルパンが(ルパン三世ではない、念のため)
漫画の表紙になって文庫本で売られておる・・・・・・・・・・・

アルセーヌってめちゃくちゃにかっこいいんですよ。
ありえないくらいにかっこいい。
しかも恐ろしく美男子ということになっている。(それが変装の名人のわけないです。)

困って居るとスッと現れ、すくってくれる。
パリから車を飛ばして郊外の館まできてくれる。
あるときにはマントルピースから現れる。

また堀口大學の訳が素晴らしいんだわ。
世の中ではぱっとしないという評価もあるらしいですが、私は好きです。
ワシと自分のことをいっているのだって気にならない。


これは読んでいない女子(特に夢見がちなバンギャル)は読むべきですよ。
理想の男性です。
結婚したい相手ではない。お近づきになりたい相手だ。


これをこの見目麗しい姿を頭に描きながら読むのが小説の醍醐味ではないのか。

大変申し訳ないことに、わたくしはこの漫画と作家の方を存じていないのですが
きっと非常に有名な方なのだと思います。
有名で人気のマンガを表紙にして、売れるのかしら?


ええい、言ってしまおう。

表紙のイメージ、私のイメージと違っていました。おおショック。

こういう表紙等をつけることにより、
先入観を植え付けることになり、頭に思い描く面白みを奪っているのではないか。
小説はマンガ等と異なり、頭のなかで各個人が自由気侭に想像の世界を広げられるのが特徴なのだと思っています。
「畑が広がる郊外」などとあれば、自然とユーロスターから眺めた穀倉地帯の様子をもとに頭の中で映像を組み立てますし、そういう自由さが奪われていってしまうのではないでしょうか。


まあ、「若者の読書離れを防ぐ!」みたいなのなんでしょうね。



それから、堀口大學の訳は「古臭い」だの「現代にあっていない」だの言われているようですが
古臭かったらいけないんですかね。
じゃあルパンが仲間に裏切られたときに「ちょwwおまwww」とか言えばいいんですかね。


収集つかないので、このへんで。

アルセーヌ=ルパンは、本当にかっこいいです。

Comment

承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2012年05月13日(Sun) 16:54












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。