FC2ブログ

enigmaticCAMELLIA 天音の日々

それも美しいと謳ってよ
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 「羽化して蝶になってーおーおーおー」TOP日常雑記 ≫ 「羽化して蝶になってーおーおーおー」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「羽化して蝶になってーおーおーおー」

BUTTERFLYを聞いています。

シングルばかりで味気ないのですが、
それでも、ラルクのアルバムは久しぶりだし
やっぱり好きで聞いてしまうどころか、浮かれてしまう。

結局、人間の根底にラルクがある感じになっている。

中学一年のときに「初恋のひと」としてはいどさんが現れ、
いまもはいどさんを越えるひとはいません(きっぱり)

しかし、ザハイドとかいうご本は買わないようにしています。
だって、はいどさんは綺麗な歌詞をかいてすてきな曲をかいて、歌っててくれればいいもの。
その活動のなかでおしゃべりしているのは大好きだけど
ああいう本は読み進められないなと思った。

しかも、「解散しようと思った」だの「脱退しようと思った」だの、
そういう話題は余計にむりです。

サイコルシェイムのライブにいくたびに、メンバーのだれかが順繰りに
「実はもうやめようと思っていて・・」「やめようと思っていた」などの話をしていたのを
思い出します。
あれは最初のうちは一緒になって感傷的になって応援しよう!とか言っていたけど
そのうち食傷気味になり、どんどん冷やかな気持ちになっていったのを覚えている。

部活じゃないんだ。お金とってる商売なんだからそういうこといわないでもらいたいものですね。

片面だけしかみないで、立体構造を理解できないままでファンがつとまるのだろうかという見方もあるかもしれないけど、もう私は見たくないものは見ないファンでいいです。


なんだかんだいって、
らるくあんしえると出会えてよかったよ!

中学も高校も勉強しないで歌詞ばかり読んでいたけど、
なんとか大人の隅っこになれたよ!

大人の隅っこは、曲がりなりにも社会人としての若干の収入と自由を手にして
ラルクにますます大枚をはたくようになってしまったよ!
地方公演だっていけるよ!
複数のライブのなかから行ける一つにかけるのではなく、
「とりあえず」全部申し込むようになってしまったよ!

中学と高校のときより音楽をじっくり聞く時間はすくなってしまったし
歌詞をじっくり読むこともできなくなってしまったけども
いまでも一番大好きなのはらるくだよ。

どうでもいいけど、今回のアルバムのタイトルはちょっと驚きました。
この話は次回。



Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。